スチュワードシップ活動

日本版スチュワードシップ・コードへの対応

三井住友信託銀行は、責任ある機関投資家として、スチュワードシップ責任を果たすために、「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫の趣旨に賛同し、これを受入れます。スチュワードシップ責任を果たすため、「三井住友信託銀行のスチュワードシップ責任に関する対応方針」を定めるとともに、≪日本版スチュワードシップ・コード≫の定める諸原則に沿い、「日本版スチュワードシップ・コードの原則への対応方針」の通り対応してまいります。

当社のスチュワードシップ活動状況

当社はエンゲージメントガイドラインに従い、投資先企業との対話(エンゲージメント)を実施し、その状況を適切に受益者等に報告します。

議決権行使の考え方

信託受益者の利益を最大化するため、当社は委託者(個人を除く)より受託した信託財産、投資一任契約に係る財産のうち、契約上当社にて議決権行使指図が可能なものについて議決権行使を行っています。

国内株式議決権行使結果

三井住友信託銀行では、議決権行使の考え方に基づき、行使を行った結果については、年一回以上集計の上、当社ホームページにて公表します。

ページトップへ戻る