国民年金基金とは

国民年金基金とは?

国民年金基金は、自営業の方など国民年金の第1号被保険者の皆さまの多様化するニーズに応え、より豊かな老後を過ごすことができるよう、老齢基礎年金(国民年金)に上乗せした年金を受け取るための年金制度です。

制度の概要

国民年金基金は、国民年金法の規定に基づく年金であり、老齢基礎年金(国民年金)とセットで自営業者等の老後の所得保障の役割を担う年金制度です。下図のとおり、自営業者等(国民年金の第1号被保険者)とサラリーマンとの年金額の差を解消するため、厚生年金に相当するいわゆる2階部分の年金として設立されました。

国民年金基金には、地域型基金と職能型基金の2種類があり、いずれか一つの基金にのみ加入できます。

地域型基金
各都道府県に1つずつ設立されており、加入できるのは各都道府県内に住所を有する方です。
職能型基金
25の業種別に全国で1つずつ設立されており、加入できるのは同一の事業または業務に従事する方です。

国民年金基金とは?

ページトップへ戻る