企業年金の基礎知識

企業年金の基礎知識

確定拠出年金とは

確定拠出年金法に基づいた年金制度です。毎月の拠出額があらかじめ決定されており、将来受け取る年金や一時金等の給付額が、個人ごとの運用実績に応じて変動します。年金資産の運用は、加入者が自己責任で行うことになります。
企業が実施し企業が掛金を拠出する「企業型」と、個人が任意で加入し個人が掛金を拠出する「個人型」の2種類があります。以下では、企業型についてご説明します。

確定拠出年金とは

確定拠出年金の特徴

  • 事業主が掛金を拠出します。また、拠出限度額が定められています。
  • (加入者が掛金を一部負担する、いわゆる「マッチング拠出」も認められています)。
  • 年金給付は、原則として、5年以上20年以下の期間で行われます。
  • 給付額は、個々人の運用によって決まる制度であるため、退職給付債務が存在しません。
    ⇒また、数理計算の必要はありません。
  • 事業主には、従業員に対しての投資教育義務が課せられています。

確定拠出年金の仕組み

確定拠出年金の仕組み

確定拠出年金の税制(企業型の場合)

拠出時 企業:損金
加入者:小規模企業共済等掛金控除*
*マッチング拠出における加入者掛金
運用時 運用収益:非課税
※特別法人税は課税(現在凍結中)
給付時 年金:雑所得(公的年金等控除の対象)
一時金:退職所得(退職所得控除の対象)

ページトップへ戻る