短期的な運用環境変化への対応策

短期的な運用環境変化への対応策

年金制度の安定的な運用にあたり、短期的な運用環境変化への対応が課題となっています。三井住友信託銀行では、お客さまのニーズに応えるべく、複数の資産配分戦略に係るプロダクトをご提供いたします。

『ポートフォリオ・インシュアランス運用』

市場の下落局面においてはキャッシュ比率を高めることで年度単位等でのマイナスリターンを一定水準に抑制、回復局面においては株式を買い戻すことにより、市場に追随することを目指します。

ポートフォリオ・インシュアランス運用

『短期リスク・リバランス運用』

市場の短期リスク(ボラティリティ)が高まる局面で、リスク資産への資産配分を減少させるなど、資産配分比率の変更により、リスクをコントロールします。当社独自開発モデルにより資産配分の変更の判断を行います。

『スイッチング戦略』

年度単位等のリターン水準に応じた目標資産配分へスイッチングすることにより、リターン追求を継続しつつ、リスクを抑制します。

スイッチング戦略

『カレンシー・オーバーレイ』

お客さまのポートフォリオの為替リスクを当社が一括して管理します。一定の比率で為替ヘッジを行うパッシブ戦略、積極的に収益獲得を目指すアクティブ戦略などご提供いたします。

ページトップへ戻る