沿革

三井住友信託銀行の沿革

大正13年3月 三井信託株式会社、信託業法に基づくわが国最初の信託会社として設立され、同年4月より営業を開始(本店:東京市麹町区有楽町)。
大正14年7月 住友信託株式会社設立、同年9月より営業を開始(本店:大阪市東区淡路町)。
昭和4年6月 三井信託株式会社、本店を三井本館(本店:東京市日本橋区駿河町。現在の東京都中央区日本橋)に移転。
昭和23年3月 三井信託株式会社、社名を東京信託銀行株式会社に改称し、普通銀行業務を開始。
昭和23年8月 住友信託株式会社、社名を富士信託銀行株式会杜に改称し、普通銀行業務を開始。
昭和24年5月 富士信託銀行株式会社、大阪証券取引所及び東京証券取引所に上場。
東京信託銀行株式会社、東京証券取引所及び大阪証券取引所に上場。
昭和25年2月 東京信託銀行株式会社、日本投資信託株式会社と合併。
昭和27年6月 富士信託銀行株式会杜、社名を住友信託銀行株式会社に改称。
東京信託銀行株式会社、社名を三井信託銀行株式会社に改称。
昭和37年6月 中央信託銀行株式会社が、株式会社東海銀行、株式会社第一銀行及び株式会社日本興業銀行などのほか、証券界の強い支援のもとに設立され、同年8月より営業を開始(本店:東京都中央区京橋)。
昭和37年7月 住友信託銀行株式会社、本店を住友ビル(大阪市東区北浜。現在の大阪市中央区北浜)に移転。
昭和53年7月 住友信託銀行株式会社、住友信託財務(香港)有限公司を香港に設立。
昭和60年4月 住友信託銀行株式会社、スミトモ トラスト アンド バンキング(ルクセンブルグ)エス・エーをルクセンブルグ大公国に設立。
昭和61年7月 中央信託銀行株式会社、中央トラストインターナショナルリミテッドを英国に設立。
昭和62年9月 住友信託銀行株式会社、スミトモ トラスト アンド バンキング カンパニー(ユー・エス・エー)をアメリカ合衆国に設立。
平成元年3月 中央信託銀行株式会社、東京証券取引所市場第二部に上場。
平成2年9月 中央信託銀行株式会社、東京証券取引所市場第一部に上場。
平成2年12月 中央信託銀行株式会社、大阪・名古屋両証券取引所の市場第一部に上場。
平成10年11月 中央信託銀行株式会社、株式会社北海道拓殖銀行の本州地区の営業を譲り受け、店舗を59ヵ店、店舗外現金自動設備6ヵ所を新設。
平成12年4月 中央信託銀行株式会社と三井信託銀行株式会社が合併、中央三井信託銀行株式会社発足(本店:東京都中央区京橋)。
平成12年8月 住友信託銀行株式会社、大和インターナショナル信託銀行株式会社及びすみぎん信託銀行株式会社を吸収合併。
平成12年12月 中央三井信託銀行株式会社、本店を移転(本店:東京都港区芝)。
平成14年1月 三井トラスト・ホールディングス株式会社が、東京証券取引所、大阪証券取引所及び名古屋証券取引所に上場。
平成14年2月 中央三井信託銀行株式会社、三井トラスト・ホールディングス株式会社を設立(本店:東京都港区芝)。
三井トラスト・ホールディングス株式会社、中央三井信託銀行株式会社から三井アセット信託銀行株式会社株式の譲渡を受けて、同社を子会社化。
平成14年3月 中央三井信託銀行株式会社、会社分割により年金信託・証券信託部門を三井アセット信託銀行株式会社に移管。
平成14年9月 住友信託銀行株式会社、日本TAソリューション株式会社を日本証券代行株式会社と共同設立。
住友信託銀行株式会社と株式会社大和銀行が共同で設立した日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社に中央三井信託銀行株式会社が資本参加。
平成17年4月 住友信託銀行株式会社、松下リース・クレジット株式会社の議決権の66%を取得し連結子会社化。
平成17年11月 住友信託銀行株式会社、ファーストクレジット株式会社の全株式を取得し連結子会社化。
平成19年10月 三井トラスト・ホールディングス株式会社が社名を中央三井トラスト・ホールディングス株式会社に、三井アセット信託銀行株式会社が中央三井アセット信託銀行株式会社にそれぞれ商号変更。
中央三井信託銀行株式会社、中央三井アセットマネジメント株式会社と中央三井キャピタル株式会社を持株会社である中央三井トラスト・ホールディングス株式会社の直接出資子会社に変更。
平成20年2月 住友信託銀行株式会社、バークレイズ・グローバル・インベスターズ信託銀行株式会社を吸収合併。
平成20年10月 中央三井信託銀行株式会社、中央三井(香港)投資有限公司を香港に設立。
平成21年10月 住友信託銀行株式会社、日興アセットマネジメント株式会社の議決権の98.55%を取得し連結子会社化。
平成22年8月 住友信託銀行株式会社と中央三井トラスト・ホールディングス株式会社が、経営統合に関する株式交換契約及び経営統合契約を締結。
平成22年12月 住友信託銀行株式会社と中央三井トラスト・ホールディングス株式会社の臨時株主総会において、株式交換契約を承認決議。
平成23年4月 住友信託銀行株式会社と中央三井トラスト・ホールディングス株式会社が、株式交換により経営統合し、「三井住友トラスト・ホールディングス株式会社」発足(本店:東京都千代田区丸の内)。
平成23年12月 三井住友トラスト・ホールディングス株式会社傘下の、住友信託銀行株式会社、中央三井信託銀行株式会社及び中央三井アセット信託銀行株式会社の3社が、合併契約締結。
平成24年4月 住友信託銀行株式会社、中央三井信託銀行株式会社及び中央三井アセット信託銀行株式会社の3社が合併し、「三井住友信託銀行株式会社」発足(本店:東京都千代田区丸の内)。

これまでの歩み

  • 旧住友信託銀行の沿革
  • 旧中央三井信託銀行の沿革
  • 旧中央三井アセット信託銀行の沿革

ページトップへ戻る