三井住友信託銀行のCSR活動

RI(責任投資)

当グループでは、1999年に日本で初めて責任投資ファンド(日興エコファンド)運用を開始しました。また、2003年には企業年金向けに日本で初めて責任投資ファンドの提供を開始しました。その後もグループ各社は他社に先がけてさまざまな商品開発を進め、個人投資家や機関投資家に提供してきました。2006年には、UNPRIの署名機関となり、日本の運用業界が積極的にESG課題に取り組むべくリーダー的な役割を担っています。さらに、2010年には、中国の金融機関以外の運用機関としては、世界で初めて中国株の責任投資ファンドを開発しました。
ESG課題への取り組みは、日本やアジア地域では欧米に比べて途上の段階ですが、当グループがアジア地域最大の資産規模を持つ資産運用会社であることを踏まえ、経験豊富なアナリストの活動とRI専任のファンドマネージャーのノウハウを生かし、当地域をけん引するリーダーとしてESG関連商品を積極的に展開しています。

  • 基本的な考え方
  • ESG関連活動の実績
  • 機関投資家としてのESG活動
  • エンゲージメント
  • ESG評価と運用
  • 日本株RI旗艦ファンドの運用戦略
  • RI商品ラインアップ(投資信託)
  • 議決権行使

ページトップへ戻る