ATM・キャッシュカードのセキュリティ

当社では、お客さまの大切なご預金をお守りするために、次のような対策を実施しています。

生体認証キャッシュカード

手の指静脈情報(生体認証情報)によりご本人さまを確認することで、高度な安全性を確保したキャッシュカードです。

詳しくはこちら

キャッシュカードのご利用限度額の変更について

お客さまのご希望により、キャッシュカードのご利用限度額を当社所定の金額の範囲内で変更することができます。

詳しくはこちら

当社ATMでのキャッシュカードの暗証番号の変更について

当社キャッシュカードの暗証番号を変更することができます。

詳しくはこちら

長期間ご利用のないキャッシュカードのお取扱い

キャッシュカードの偽造・盗難被害状況に鑑み、万が一盗難などの被害に遭われた場合の安全性を向上させ、お客さまの大切なご預金をお守りすることを目的に、2006年1月4日時点で過去5年3か月の間、連続してご利用のなかったキャッシュカードなどについては一時的にご出金およびお振り込みのご利用を停止いたしております。カードの一時利用停止を解除するには、カード、お届印、ご本人を確認できる書類をお持ちの上、当社本支店の窓口までお越しください。

総合口座当座貸越機能停止サービスについて

お客さまからお申し出いただくことにより、定期預金および国債などを担保とした自動融資(当座貸越)のうち、キャッシュカードによるお取り扱いを停止することができます。停止をご希望のお客さまは、お手数ですが、お届印をお持ちの上、当社窓口までお越しください。

  • 当座貸越とは、総合口座の普通預金残高を超えて払い戻しのご請求またはデビットカードのご利用があった場合に、定期預金および国債などを担保として自動的にご融資し、払い戻しなどを行う機能です。
  • 当社窓口での払い戻しおよび公共料金などの口座引き落しなどキャッシュカード以外による当座貸越は停止となりません。

異常な取引のモニタリングについて

偽造・盗難カードの不正利用による被害の未然防止・早期発見のため、ATMでの「異常な取引」のモニタリングを実施しております。当社が定める「異常な取引」が行われたことを検知した場合、その口座をお持ちのお客さまに、当社からご連絡をし、お客さまご自身が取引されたものであるかを確認させていただくものです。突然のご連絡でご迷惑をお掛けすることもあろうかと存じますが、モニタリングの趣旨をご理解の上、何卒ご協力をお願いいたします。

キャッシュカードおよび暗証番号の管理についてのお願い

  • 暗証番号を決して他人に教えないでください。なお、当社の社員が暗証番号をたずねることはありません。
  • 暗証番号は、生年月日、ご自宅の住所・地番、電話番号、勤務先電話番号、自動車ナンバーなどお客さま以外の方も知りえる番号にすることは避けるようお願いします。
  • なお、現在の暗証番号がお客さま以外の方も知りえる番号の場合はすみやかに当社ATMにてご変更ください。
  • キャッシュカードを他人に容易に奪われる状況におくこと、他人に渡すこと、暗証番号をキャッシュカード上に書くことは避けるようお願いします。
  • 暗証番号を書いたメモや、暗証番号を推測させるような書類などを、キャッシュカードとともに携帯・保管しないでください。キャッシュカードの暗証番号をロッカー、貴重品ボックスなど、他の暗証番号として使用することは避けるようお願いします。
  • 身に覚えのない取引が記録されているなどの被害に遭われましたら、すみやかにお取引店までご連絡ください。
  • 加えて、暗証番号は定期的に変更されることをお勧めします。

当社ATMでの暗証番号変更手続きのご案内はこちら

お客様サービス室

フリーダイヤル
0120-328-682
受付時間
:平日9:00〜17:00(土・日・祝日および12/31〜1/3はご利用いただけません)

全国銀行協会のホームページはこちら

全国銀行協会のホームページ

金融犯罪の番犬「BANK-KEN」の金融犯罪にご用心!
「BANK−KEN」が犯罪の手口と防止策をやさしくご案内します。

ページトップへ戻る