通帳・証書・印鑑の偽造・盗難による犯罪にご注意ください

犯罪の手口

空き巣やスリ、車上荒らし、置き引きなどにより通帳や証書と印鑑を盗み、預金を引き出します。犯人は通帳や証書と印鑑が揃っているため、本人になりすまして預金を引き出します。
通帳と一緒に印鑑を盗まなくても、通帳に添付されている副印鑑票の印影から印鑑を偽造し、預金を引き出します。

通帳・証書・印鑑の管理についてのお願い

  • 通帳や証書と印鑑は別々に保管されるようお願いします。
  • 通帳のみを紛失された場合であっても印影から印鑑が偽造されるおそれがありますので、ご注意ください。
  • 通帳や証書を他人に奪われる状況におくこと、他人に渡すことは避けるようお願いします。
  • 通帳記帳は定期的に行い、残高や身に覚えのない引き出しがないかご確認ください。
  • 通帳に副印鑑票が添付されている場合は、通帳が盗まれた際、印鑑が偽造されるおそれがありますので、ただちに剥がしていただくことをお勧めします。

通帳・証書・印鑑を紛失された場合

万が一、通帳・証書・印鑑を紛失された場合は、お取引店または紛失受付ダイヤルへご連絡ください。

ご連絡先

  受付時間 電話番号
お取引店 平日9:00〜17:00 店舗を検索する
紛失受付ダイヤル 平日17:00〜翌日9:00
土・日・祝 24時間
0120-31-8321

※海外からはお取引店の直通電話(平日9:00〜17:00)にご連絡ください(有料)。

盗難通帳・証書の不正利用による被害への対応について

詳しくはこちら

全国銀行協会のホームページはこちら

全国銀行協会のホームページ

金融犯罪の番犬「BANK-KEN」の金融犯罪にご用心!
「BANK−KEN」が犯罪の手口と防止策をやさしくご案内します。

ページトップへ戻る