株式処分信託・株式取得信託

上場株式の処分や取得に際し、インサイダー情報の遮断に懸念を抱えていたり、忙しく時間と手間をかけることができない上場企業のオーナー様などになり代わりまして、三井住友信託銀行が株式処分信託、株式取得信託契約をお客さまと結んだ上で、信託株式として市場で処分または取得していく商品です。

株式処分信託・株式取得信託の仕組みと流れ

株式処分信託・株式取得信託とは

上場企業の会社関係者様においては、当該上場企業株式を処分または取得する際、インサイダー取引規制や相場操縦等の抵触懸念が障害となり処分または取得可能なタイミングやボリュームが限られています。
このような会社関係者様の株式処分・取得ニーズに対し、本商品をご利用いただくことで、契約締結日以降に委託者様が保有するインサイダー情報等を遮断することができ、当社の運用裁量により株式を処分・取得することで、安心して大量かつ継続的な株式処分・取得の実現を目指します。

このような方に株式処分信託・株式取得信託をおすすめします

  1. インサイダー情報の非保有期間が限られている上場会社のオーナー経営者様などで保有株式の一定割合を増減させたいとお考えの方
  2. 上場会社の創業者一族などで保有株式の一定割合を増減させたいとお考えの方
  3. 上場株式を相当数保有しており、長期継続的に市場インパクトを抑制しつつ保有割合を低減させたいとお考えの方

※会社関係者とは(詳細は金融商品取引法に定められています)

  1. 上場会社等(上場会社とその親会社・子会社)の役員等
  2. 上場会社等の帳簿閲覧権(総株主の議決権または発行済株式数の3%以上)を有する方
  3. 上場会社等に対して法令に基づく権限を有する方
  4. 上場会社等と契約を締結している方または締結交渉中の方
  5. 項番1から4の会社関係者はそれぞれの立場を利用して重要事実を知った場合には、会社関係者でなくなった後も1年間、内部者取引規制の対象となります。

<株式処分信託の流れ>

株式処分信託の流れ

株式処分信託に係るリスクなどについて

<株式取得信託の流れ>

株式取得信託の流れ

※お預かりした信託財産は日本トラスティ・サービス信託銀行に再信託されます。

株式取得信託に係るリスクなどについて

本商品にご興味を持たれたお客さまへ

本商品は当社プライベートバンキング部にて取扱っております。
詳しくはプライベートバンキング部までお問い合わせください。

プライベートバンキング

相続コラム

相続コラム

三井住友信託銀行の財務コンサルタントが、コラム形式で「遺言・相続」について解説いたします。

ページトップへ戻る