新築一戸建て編

新築一戸建選びのワンポイントアドバイス

昨今、新築建売住宅の手抜き工事等によるいわゆる欠陥住宅が社会問題になっています。建築現場をまめに訪れ、細かくチェックする等、様々な対応策を各メディアが報じていますが、専門家に依頼するとお金がかかりますし、自分でチェックするにも限界があります。そんな中で是非やっていただきたいことは…

  1. チェック1 似た物件を内見する

    その物件の売主(施主)に、これまでその会社が分譲した同グレードの物件(できれば築後数年経過しているものが望ましい)を内見させてもらい、細部を細かくチェックすることをお勧めします。

  2. チェック2 住んでいる人に聞いてみる

    実際にお住まいになっていらっしゃるその家の方に、住み心地を嫌味のない程度に聞いてみましょう。

ページトップへ戻る