その他

預金保険制度に関するご質問

預金保険で保護される預金の範囲を教えてください。

万が一金融機関が破たんした場合、預金者一人あたり、預金保険の対象となる預金等のうち、全額保護される預金を除いて元本1,000万円までとその利息等が保護されます。

元本1,000万円を超える部分については破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。

※1つの金融機関に同じ預金者が複数の定期預金等を持っている場合は、それらの残高を合計して、元本1,000万円までとその利息等が保護対象となります(複数の定期預金等が存在する場合には、預金保険法で定められた優先順位により、元本1,000万円を特定することとなっています。詳しくは預金保険機構のホームページをご覧ください)。

この回答はお役に立ちましたか?

ページトップへ戻る