ガバナンス

三井住友信託銀行のサステナビリティ活動

三井住友トラスト・グループの気候変動ガバナンス

当グループでは、気候変動問題への対応が、当グループの企業価値と持続可能な社会の構築との双方にとって重要な課題であると認識しており、気候変動問題の解決に資するソリューション事業を展開していきます。

気候変動に関連する重要な課題(マテリアリティ)

当グループは金融機関として、当グループの投資、融資などの対象である企業やプロジェクトによって生じる気候変動の影響を低減させること、当グループの事業活動に起因するCO2排出量を削減することを経営上の重要課題と認識しています。
また、気候変動問題に対して、信託の機能を活用して解決に貢献することで当グループのビジネス機会を拡大することも重要課題として認識しています。

気候変動問題に関連する当グループのマテリアリティ項目

  • 投融資先の環境・社会への影響に対する配慮
  • 環境・社会をテーマとしたビジネス機会の追求
  • 気候変動(物理的な影響等)
  • 当グループの環境負荷の低減

気候変動対応行動指針

  1. 気候変動の緩和等に向けた取り組み・支援の実施
    私たちは、自らの事業活動に伴う温室効果ガス排出量の削減などに積極的に取り組むとともに、企業市民の一員として、気候変動の緩和やその適応に向けた活動の支援に努めます。
  2. 商品・サービスの提供
    私たちは、金融機能を通じた省エネルギーの推進や再生可能エネルギーの利用促進など、気候変動の緩和に資する商品・サービスの開発・提供に努めます。
  3. ステークホルダーとの協働
    私たちは、ステークホルダーと対話・協働し、気候変動への対応に努めます。
  4. 教育・研修
    私たちは、グループ各社への本行動指針の徹底と気候変動への対応に向けた教育・研修に努めます。
  5. 情報公開
    私たちは、気候変動への対応状況を積極的に開示します。

気候変動に関連するマテリアリティ・マネジメント

当グループでは、マテリアリティに特定されている気候変動に関連する課題に対して、インターナル・エンゲージメントを通じて、取り組みの改善、情報開示の向上に努めます。

マテリアリティの特定と活用

気候変動に関連するインターナル・エンゲージメントの成果

  • プロジェクトファイナンスにおける赤道原則の採択
  • 石炭火力発電プロジェクトファイナンスに関する融資方針の策定
  • TCFDへの支持表明

ページトップへ戻る