グリーン預金

三井住友信託銀行のサステナビリティ活動

三井住友信託銀行は2021年5月7日にグリーン預金の取り扱いを開始しました。

グリーン預金とは

グリーン預金とは、太陽光・風力発電をはじめとする再生可能エネルギー、環境不動産など、環境改善に資する事業に資金使途を原則限定して調達する外貨定期預金です。
三井住友信託銀行は、国内外における企業・投資家の環境問題に対する取り組みの高まりを受け、同取り組みへの財務面でのサポートを金融機関としての社会的責任の一環と考えています。
本グリーン預金による資金調達、およびその調達した資金による融資を通じて、持続可能な環境・社会の構築に貢献することが、ステークホルダーへの一層の価値提供に資すると考えています。

グリーンプロダクトフレームワーク

三井住友信託銀行のグリーン預金は、第三者認証機関の協力を得ながら策定したグリーンプロダクトフレームワークに基づき調達をしています。

(フレームワークの概要)

三井住友信託銀行は、グリーンプロダクトフレームワークにおいて、適合するグリーンプロジェクト等を定めています。

①調達資金の使途 グリーン預金により調達した資金は下記の全ての条件を満たすプロジェクト(適格グリーンプロジェクト)に充当します。
  • 再生可能エネルギー、省エネルギー、クリーンな運輸、汚染防止および管理、グリーンビルディングの少なくとも一つ以上に該当する事業であること
  • 赤道原則(※)の評価上、カテゴリーBまたはCに分類されること。グリーンビルディングについては、「CASBEE Aランク」「BREEAM エクセレント」「LEED ゴールド」「DBJ4つ星」「BELS4つ星」以上の認証のうち、少なくとも一つを取得もしくは取得予定であること
(※)「赤道原則に関する三井住友信託銀行の取り組み」
②調達資金の管理
  • グリーン預金により調達した資金は、原則適格グリーンプロジェクトに充当します。なお、未充当資金はオーバーナイトまたは短期金融商品に充当します。
③フレームワークの更新
  • 市場や規制の変化等を踏まえて、必要に応じて本フレームワークを更新します。

グリーンプロダクトフレームワークの詳細は下記をご参照ください。

三井住友信託銀行のグリーンプロダクトフレームワーク 原本 参考和訳
SMTB Green Product Framework  SMTB Green Product Framework 

<注意事項>
三井住友信託銀行によって作成された本サイトに含まれている情報は、情報提供のみを目的として作成されたものであり、金融商品等の売買の勧誘等を目的としたものではありません。

ページトップへ戻る