健康

認知症を予防するコグニサイズ

コグニサイズとは、コグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせることで、脳とからだの機能を効果的に向上させるトレーニングです。基本のコグニステップと、コグニラダーの基本と応用のステップを紹介します。
コグニステップ
STEP1 コグニション課題
両足で立って、しっかり考えながら1から順に数をかぞえ、「3」の倍数では、手をたたきます。
STEP2 エクササイズ課題 ステップを覚えます
①右足右へ ②右足戻す ③左足左へ ④左足戻す
(①〜④を繰り返します)リズムよくステップします
STEP3 コグニサイズ ステップ運動+3の倍数で拍手
慣れてきたらステップの順番を変えたり(例:左右や前後を組み合わせる)、手をたたく倍数の数や数の数え方(例:数を引きながら数えるなど)を変えたりとさまざまな種類を試してみましょう。
コグニラダー
STEP1 基本ステップ
1マスに4歩づつ入るように①〜⑧を繰り返します。
STEP2 応用ステップ
基本ステップを覚えたら、②と⑤を外に出してみましょう。
慣れてきたら、少しずつ足の動きを早くしてみましょう。また、③,④,⑦,⑧を外に出したり、③,⑥を外に出すなど、色々な数字で足を出すのにチャレンジしてみましょう。組み合せ次第で色々な楽しみ方ができます。

出典:国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

5人で楽しくコグニサイズ
5人1組みでステップ台を使ったり、歩行をしながら、順番に一人1つずつ数を声に出して数え、「4の倍数」のときは声を出さず手をたたく。
慣れてきたら、数え方の順番を変えたり、倍数の「数」を変えてバリエーションを楽しみましょう。

出典:国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

3人で楽しくコグニサイズ
3人1組になって、しりとりを行います。ただし、2人前と1人前の単語を言ってから、自分の番の単語を言います。
これに、ステップ運動や歩行を組み合わせて行います。

出典:国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

PAGE TOP