改元に関する各種対応について

リンク集

2019年4月

2019年5月1日(水・祝)の新天皇即位に伴い、平成から令和への改元が実施されます。 改元に関する各種帳票等のお取り扱いについて、ご案内いたします。

各種帳票、手形・小切手のお取り扱い

  • 「平成」表記されている帳票、手形・小切手については、改元以降も引き続きご使用いただけます。
  • 新元号への訂正は必要なく、「平成31年」とご記入ください。(例)平成31年5月7日
  • 新元号へ訂正される場合は、「平成」に二重線を引き、新元号をご記入ください。
    訂正印は不要です。
  • 手形・小切手については、振出日、支払期日を問わず引き続きご使用いただけます。
  • 新元号記載の帳票、手形帳・小切手帳の作成には一定のお時間をいただきます。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

官公署発行の証明書等のお取り扱い

  • 官公署発行の証明書等に「平成」表記が残る場合でも有効な証明としてご使用いただけます。

ページトップへ戻る