外国送金依頼書(兼払戻請求書)(個人のお客さま専用)

  1. 帳票の構成
    【1枚目】外国送金依頼書
    【2枚目】外国送金依頼書(お客さま控)
  2. 記入例と各部の説明
    【1枚目】外国送金依頼書

    項目 項目説明・記入方法






    送金日付
    • ・送金を実行する日付を西暦で記入します。
    • ・送金通貨取扱国の休日によっては、送金日当日に送金を行うことができない場合がございます。
    送金金額
    • ・送金する通貨にレ点し、送金金額を記入します。
    • ・通貨コード(USDなど)もしくはマーク($など)で留めます。
      「USD」または「$」
      :米ドル
      「GBP」または「£」
      :スターリングポンド(英国ポンド)
      「AUD」または「A$」
      :オーストラリアドル
      「NZD」または「NZ$」
      :ニュージーランドドル
      「EUR」または「€」
      :ユーロ
    ご送金目的
    • ・送金目的が外為法上適正であるか確認する必要があるため、記入が無い場合はお取り扱いできません。
    • ・該当する項目にレ点し、もしくはその他欄に具体的に記入します。
    • ・送金目的が貿易(輸入代金の支払い)または仲介貿易取引の代金の決済である場合には、④の品目名および原産地などを確認させていただきます。
    「外国為替及び外国貿易法」の
    北朝鮮・イラン関連
    規制について
    • ・北朝鮮に関する貿易規制、北朝鮮・イランに関する資金使途規制について該当していないことを確認し、□にレ点を記入します。
    • ・貿易の場合は必ず品目名を記入し、原産地、船積地、仕向地が北朝鮮でないことを確認の上、「原産地、船積地、仕向地がいずれも北朝鮮ではありません」の欄にもチェックします。
    • ・売買契約書、輸入許可書または船荷証券など、送金の理由となる資料を確認させていただく場合がございます。

    ※詳細は財務省のホームページ でご確認ください。

    外為法に基づく許可
    • ・要、不要のいずれかにレ点します。
    • ・要の場合、許可番号と許可日付を記入します。
    支払又は支払の受領に関する
    報告書
    • ・要・不要のいずれかにレ点します。
    • ・送金金額が3,000万円相当額超の非居住者向け送金で、送金目的が貿易以外の場合に必要となります。
    お支払銀行
    • ・お受取人さまが口座を保有する銀行にレ点し、支店名とフリガナを記入します。
    • ・その他の金融機関の場合は、その他金融機関欄に銀行名を記入し支店名とフリガナを記入します。
    • ・SWIFTコードは任意記入です。
    お受取人
    • ・お受取人さまのご住所、お名前、国名、本店所在地国名をアルファベットで記入します。本店所在地国名は、個人のお客さまの場合、通常は国名と同一です。
    • ・お受取人さまの口座番号を記入します。
    お引落口座
    • ・ご送金資金を出金する外貨普通預金口座の取引店番、口座番号を記入します。
    • ・手数料を出金する円貨普通預金口座の取引店番、口座番号を記入します。
    I 先方銀行にて発生した手数料のご負担
    • ・本依頼書で送金を行った場合、先方銀行で発生した手数料はお受取人さまの負担となります。
    • ・手数料の依頼人負担をご希望の場合は、外国送金依頼書(兼払戻請求書)(ブルー)をご使用ください。
    J お受取人宛
    連絡事項
    • ・ご依頼人さま(お客さま)からお受取人さまに伝達すべき情報がある場合にアルファベットで記入します。
    • ・最大英数字70文字(含スペース)まで記入できます。
      (例)PAYMENT FOR INVOICE NO.×××
    K ご依頼人
    • ・ご依頼人さま(お客さま)のご住所はアルファベットで、お名前は日本語とアルファベットでご記入ください。
    • ・印鑑(届出印)を押印してください。

閉じる

Copyright (c) Sumitomo Mitsui Trust Bank, Limited. All rights reserved.