外国送金依頼書(兼払戻請求書)

  1. 帳票の構成
    【1枚目】外国送金依頼書
    【2枚目】外国送金依頼書(お客さま控)
  2. 記入例と各部の説明
    【1枚目】外国送金依頼書

    項目 項目説明・記入方法
    お客さま記入欄 @ 送金日
    • ・送金を実行する日付を西暦で記入します。
    • ・送金通貨取扱国の休日によっては、送金日当日に送金を行うことができない場合がございます。
    A ご送金金額
    • ・送金する金額を記入します。
    • ・通貨コード(USDなど)もしくはマーク($など)で留めます。
      主要通貨は以下の通りです。
      「USD」または「$」
      :米ドル
      「GBP」または「£」
      :スターリングポンド(英国ポンド)
      「AUD」または「A$」
      :オーストラリアドル
      「NZD」または「NZ$」
      :ニュージーランドドル
      「EUR」または「€」
      :ユーロ
    B 異種通貨相当の
    送金の場合
    EXCHANGEを行う場合で、お口座からの出金金額は確定しているけれど送金金額が未確定の場合にこの欄を使用します。Aの送金金額欄には送金通貨、この欄には元の通貨、金額を記入します。
    (例)\1,000,000相当額のUS$を送金する場合
    C ご送金目的
    • ・送金目的が外為法上適正であるか確認する必要があるため、記入が無い場合はお取り扱いできません。
    • ・送金目的が貿易(輸入代金の支払い)または仲介貿易取引の代金の決済である場合には、Fの品目名およびGの原産地などの確認をさせていただきます。
    D 支払又は支払の受領に関する報告書
    • ・支払又は支払の受領に関する報告書のことです。
    • ・要・不要のいずれかの□にレ点します。
    • ・送金金額が3,000万円相当額超の非居住者向け送金で、送金目的が貿易以外の場合に必要となります。
    E 北朝鮮に関する
    貿易規制、北朝鮮・イランに関する
    資金使途規制
    北朝鮮に関する貿易規制、北朝鮮・イランに関する資金使途規制について該当していないことを確認し、□にレ点を記入します。

    ※詳細は財務省のホームページ でご確認ください。

    F 品目名
    • ・ご送金目的が貿易(仲介貿易を含む)の場合には、具体的な品目名を記入します。特に魚介類についてはうに・あさリなど具体的な魚の種類まで記入します。
    • ・下記の場合には、売買契約書、輸入許可書または船荷証券など送金の理由となる資料をご提出ください。
      • a.品目名があさり、うに、うにの調整品、さるとりいばらの葉、松茸である場合。
      • b.品目名がしじみ、ずわいがに、けがに、赤貝、えび、なまこの調整品、ひらめ、かれい、たこ、はまぐり、あわびで、その原産地および船積地域が北朝鮮周辺国(中国、韓国、ロシア、香港、マカオ)の場合。
    • ・また、上記以外の場合でも、売買契約書、輸入許可書または船荷証券など、送金の理由となる資料を確認させていただく場合がございます。
    G 原産地、船積地、
    仕向地の確認
    ご送金目的が貿易(輸入代金の支払い)または仲介貿易取引の代金の決済である場合には、原産地、船積地、仕向地がいずれも北朝鮮でないことを確認の上、□にレ点を記入します。
    H 外為法に基づく
    許可等
    • ・要・不要のいずれかの□にレ点を記入します。
    • ・要の場合、許可番号と許可日付を記入します。
    I お受取人名、
    住所、国名、
    本店所在地国名
    お受取人さまのご住所、お名前、国名、本店所在地国名をアルファベットで記入します。本店所在地国名は、個人のお客さまの場合、通常は国名と同一です。
    J お受取人口座番号
    • ・お受取人さまの口座番号を記入します。
    • ・欧州向けの場合はIBANを記入します。欧州向け送金でIBANの記入が無い場合、経由銀行、または受取銀行で追加コストを請求されたり、送金実行が拒絶される可能性がございます。
    K お支払銀行/支店
    • ・お受取人さまが口座を保有する銀行名・支店名・都市名・国名・SWIFTコードをアルファベットで記入します。よく似た銀行名および支店名や紛らわしい銀行名、また合併により名称変更している銀行がある為、必ず正式名称を英文で記入してください。
    • ・米国・カナダ・豪州向けの場合は都市名、州名を記入します。
    • ・ご希望の経由銀行がある場合は経由銀行(THROUGH)欄に記入します。
    L 先方銀行にて手数料が発生した場合の負担区分
    • ・経由銀行、受取銀行(このふたつをまとめて以下、先方銀行といいます)で発生した手数料を送金ご依頼人さまとお受取人さまのどちらにご負担いただけるかを選択し、いずれかの□にレ印を記入します。
    • ・送金先の国によっては、OUR(ご依頼人さま負担)で送金した場合でも送金金額から先方銀行手数料が差し引かれる場合がございます。アメリカ向けにUSD、タイ向けにTHBを送金する場合はこのケースに該当します。
    SHA・・・
    当社でかかる手数料はご依頼人さま、それ以外についてはお受取人さまが負担。
    OUR・・・
    受取銀行で発生する手数料もご依頼人さまが負担。
    BEN・・・
    当社でかかる手数料も含め、全額お受取人さま負担。当社の手数料は送金元本から差し引いて送金いたします。
    M ご依頼人英文名 必ずアルファベットで記入します。
    N ご依頼人住所 必ずアルファベットで国名・都市名・番地まで記入します。
    O お受取人宛連絡事項 ご依頼人さまからのお受取人さまに対しメッセージがある場合に記入します。
    (例)PAYMENT FOR INVOICE NO.×××
    P 依頼人の署名、捺印
    • ・ご署名の上、ご印鑑(届出印)を押印してください。
    • ・依頼内容に不明な点があれば確認させていただくこともございますので、電話番号も記入します。
    Q 決済方法 該当する決済方法の□にレ点を記入します。
    • a.当日相場(SPOT)
      外貨建送金の代わり金を送金日当日の為替レート(TTS)で換算した円貨で支払う場合。または、円建て送金時の代わり金を当日の為替レート(TTB)で換算した外貨で支払う場合。
    • b.予約
      個人のお客さまにはお取り扱いしておりません。
    • c.NON-EXCHANGE
      同通貨決済のこと。(引き落としの代わり金の通貨が送金通貨と同一)
    R お引落口座
    • ・該当する送金資金および手数料を出金する口座の通貨を選択し、□にレ点を記入します。
    • ・該当する口座種別を○印で囲み、口座番号を記入します。
    • ・JP\、US$以外の場合には、具体的な幣種名を記入します。
    S ご本人口座を経由しない国外送金
    • ・ご本人口座を経由しない国外に向けたご送金の場合、□にレ点を記入し、別途当社所定の様式による告知書をご提出ください。

閉じる

Copyright (c) Sumitomo Mitsui Trust Bank, Limited. All rights reserved.