本ページはキャンペーン期間外も継続して掲載しております。
必ずキャンペーン期間をご確認の上、お手続きください。

円資金からのお預け入れ限定 インターネットバンキング限定!米ドル為替手数料半額キャンペーン
インターネットバンキングでのお取引限定で、米ドルが為替手数料半額でお預け入れいただけます!

実施期間

下記の3期間(時間は該当期間初日の14:00から該当期間最終日の14:00まで)で開催いたします。
期間中は為替の注目イベント「米雇用統計」の発表もございます。
こちらの機会に外貨預金での資産形成をぜひご検討ください。

キャンペーン実施期間、米雇用統計発表(日本時間 22:30)

 

三井住友信託ダイレクトのご利用開始にはお時間を頂く場合がございます。
詳しくはヘルプデスクまでお問い合わせください。

キャンペーン内容

期間中、米ドルのインターネットバンキングでのお取引限定で通常20銭の為替手数料が10銭でご利用いただけます。
ただし、円からのお預け入れに限ります。

通常時20銭、期間中10銭
キャンペーン期間
  • 第一弾:2022年1月4日(火)14:00 から 2022年1月14日(金)14:00
  • 第二弾:2022年1月31日(月)14:00 から 2022年2月10日(木)14:00
  • 第三弾:2022年2月28日(月)14:00 から 2022年3月11日(金)14:00
対象通貨
米ドルのみ
為替手数料
10銭(通常1米ドルあたり片道20銭(0.2円))
対象取引
円資金からお預け入れの、外貨普通預金/外貨定期預金(愛称:外貨革命)
対象取引チャネル
インターネットバンキングのみ

キャンペーンに関するご注意事項

  • キャンペーン適用には開催期間内にお手続きを完了させる必要がございます。開催期間内にログインをされても、お手続きが開催期間外となる場合には対象外となりますため、お時間に余裕をもってお申し込み下さい。
  • 円から米ドルへのお預け入れ時に限ります。他の通貨や米ドルから円への通貨交換は対象外です。
  • お預け入れいただいた米ドルを円貨に戻す際には、通常の為替手数料(1米ドルあたり最大50銭)がかかります。
  • インターネットバンキングでご入金の際、「ご契約内容」確認画面では、適用為替レートの表示に限っており、内訳としての手数料は表示されません。キャンペーン期間内のお手続きでしたら手数料の割引が適用されておりますのでご安心ください。
(「ご契約内容」確認画面)

 

三井住友信託ダイレクトのご利用開始にはお時間を頂く場合がございます。
詳しくはヘルプデスクまでお問い合わせください。

こんなにオトク!例えば、円から外貨普通預金へ5万米ドルお預け入れになるときのお手数料は?通常時と比べて5,000円もオトクに!
しかも 金利優遇プランを併用すると外貨定期預金の金利アップ
  • 外貨定期預金(愛称:外貨革命)のお預け入れは、1,000通貨単位以上からです。
  • 金利優遇プランのご留意事項について詳しくはこちらをご確認下さい。

2022年1月4日現在
(外貨定期預金 金利優遇プラン(インターネットバンキング)を利用した場合)

米ドル3カ月 通常年0.01%→年0.50%
米ドル1年 通常年0.30%→年0.45%

当初3ヵ月(90日)間で得られるお利息(税引後)の計算例

1千米ドル×年0.50%×90日/365日=1.23米ドル(税引前利息)
1.23米ドルー0.24米ドル(税金)=0.99米ドル(税引後利息)

優遇金利の適用には所定の操作方法でのお申し込みが必要です。詳しくは以下申込方法をご確認ください。

外貨定期預金 金利優遇プラン(インターネットバンキング)申込方法

本プラン(インターネットバンキング)の優遇金利を適用するためには、次の操作方法によりお手続きいただく必要がございます。

円資金をいったん外貨普通預金口座にご入金されると、本プランの対象外となりますので、ご注意ください。また、いったんお取引を受け付けますと、お取消し・ご変更を承ることはできませんので、ご注意ください。

インターネットバンキングでの外貨定期預金のお手続き方法。パソコン・スマートフォンともに「お取引・残高照会」画面の外貨定期預金(愛称:外貨革命)の「入金」ボタンから手続きください。外貨普通預金の「明細・取引」ボタンではありません。次の「外貨定期預金(愛称:外貨革命)」通貨選択画面では、お取引する米ドルまたは豪ドルの「代表普通預金口座(円)からのご新規」ボタンを選択してください。「外貨普通預金口座からのご新規」ボタンではありません。最後に「外貨定期預金(愛称:外貨革命)」内容確認画面において、「確定」ボタンを押す前に、お取引する通貨・期間・利率(優遇金利が適用されているか)等を必ずご確認ください。

 

三井住友信託ダイレクトのご利用開始にはお時間を頂く場合がございます。
詳しくはヘルプデスクまでお問い合わせください。

コラム:米雇用統計とは?

米雇用統計は為替への影響が大きく、FOMC(米連邦公開市場委員会)と並び、市場参加者の注目度が高いイベントです。

取引が活発になり、値動きのあるタイミングとなることが多く、為替を見ながらご自身のタイミングでお取引をしたいというお客さまにもぴったりのタイミングと言えます。

米雇用統計とは?

毎月、米国の労働省労働統計局が発表する経済指標の一つで、発表前月の米雇用動向を調査して数値をまとめたものです。

「失業率」をはじめ、「非農業部門雇用者数」、「平均時給」など、米国の景気動向を測る上で重要なデータが十数項目にわたって盛り込まれています。

グラフ1で具体的なデータを確認してみましょう。

【グラフ1:非農業部門雇用者数と失業率、前年比平均時給伸び率の推移】
出所:Bloombergのデータをもとに当社作成

グラフ内①について、新型コロナウイルスによる経済の悪化により、 2020年4月の非農業部門雇用者数は激減、低賃金労働者を中心とした大量解雇により失業率と平均時給が上昇しました。

グラフ内②について、景気回復が進み、低賃金労働者の雇用が回復するも人手不足等から平均時給は上昇、2021年10月時点では、コロナ以前より高い時給上昇率となっています。

こういった雇用関係の数値などの改善を背景に、2021年11月から「テーパリング」(量的金融緩和の段階的縮小)が始まりました。
足もとでは、資源価格の上昇や供給不足等によりインフレーション(物価上昇)が進んでおり、 「米政策金利の引き上げ」時期が早まる可能性があります。そのため、物価に影響を与える「平均時給伸び率」の注目度も高まっています。
このように雇用統計は「テーパリング」や、「米政策金利の引き上げ」に影響を与える重要な役割をもっています。

過去の為替相場と米雇用統計の関係

米雇用統計発表の前後では為替が大きく動くケースも多くあります。
代表的な例としては「市場の予想」と「結果」が乖離した場合です。

例えば、2021年5月7日に発表された米雇用統計の非農業部門雇用者数は、前月比+26.6万人と市場予想(+100.0万人)を大幅に下回りました。

結果と予想が大きく乖離したことから、市場はその結果を「サプライズ」と受け止め、リスク回避から円買いが進み、為替が円高方向に動きました。
(グラフ2参照)

このように米雇用統計は為替相場を変動させる重要な指標といえます。

【グラフ2:2021年5月7日 発表時間(21:30)直後の米ドル/円の値動き】
出所:Bloombergのデータをもとに当社作成
米雇用統計の発表時間について

米国では、3月第2日曜日から11月第1日曜日までは夏時間(サマータイム)となり21:30発表、それ以外は22:30発表となっております。
キャンペーン期間中は、1月7日(金)、2月4日(金)、3月4日(金)の22:30発表です。(いずれも日本時間)

米雇用統計のタイミングは、ぜひ三井住友信託ダイレクトで外貨預金!

三井住友信託銀行のインターネットバンキングなら
外貨預金のお取引をする上で便利なサービスがたくさん!

  • 特長01
    24時間いつでも
    リアルタイムレート
    お取引可能

    米雇用統計発表のタイミング等、
    為替が動くイベント時を狙っての
    お取引も可能です。

  • 特長02
    店頭と比較して
    手数料がとってもおトク!

    さらに米ドル限定!
    本キャンペーンで預入時為替手数料が
    半額に!

  • 特長03
    知識豊富な担当者が、
    お客さまをサポート

    店頭はもちろん、
    オンラインでも
    ご相談いただけます。

 

三井住友信託ダイレクトのご利用開始にはお時間を頂く場合がございます。
詳しくはヘルプデスクまでお問い合わせください。

キャンペーンデスク

0120-898-685

受付時間:平日9:00~17:00

(土曜・日曜・祝日および12/31~1/3はご利用いただけません。)

ヘルプデスク

インターネットバンキング操作に関するお問い合わせ

0120-983-381

受付時間:平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00
(日曜・祝日および12/31~1/3はご利用いただけません。)

契約内容のご照会、各種お手続きは当ダイヤルでは承っておりません。お手数ですがお取引店までお問い合わせください。

よくあるご質問

Q 外貨普通預金の口座開設方法を教えてください
A

ご来店またはインターネットバンキング、テレフォンバンキングでお手続きください。

【ご来店の場合】

ご来店での外貨普通預金の口座開設手続きに必要なものは以下のとおりです。

  • 通帳(※)
  • お届印
  • 本人確認書類(運転免許証など)

※ユアパートナー総合口座(無通帳)の場合、「ユア パートナーお取引証兼ICキャッシュカード」が必要です。

【インターネットバンキングの場合】

外貨普通預金口座をお持ちでないお客さまが外貨普通預金へ1,000通貨単位以上の入金をした場合に、外貨普通預金口座が自動的に開設されます。

【テレフォンバンキングの場合】

お手元に最新の外貨普通預金商品説明書をご用意の上、ご本人さまよりテレフォンバンキングまでご連絡ください。

Q 外貨普通預金はいくらから預け入れできますか?
A

窓口およびテレフォンバンキングの場合は1通貨単位以上、インターネットバンキングの場合は1,000通貨単位(米ドルの場合1,000米ドル)以上からお預け入れいただけます。

Q 外貨定期預金(愛称:外貨革命)はいくらから預け入れできますか?
A

1,000通貨単位(米ドルの場合1,000米ドル)以上からお預け入れいただけます。

外貨預金についてのご注意事項

外貨預金におけるリスクについて

外貨預金は外国為替相場の変動により為替差損が生じ、受取時の円貨額がお預入れ時の払込円貨額を下回り、元本割れする可能性があります。

為替変動がない場合でも、往復の為替手数料をご負担いただくため、受取時の円貨額がお預入れ時の払込円貨額を下回り、元本割れする可能性があります。

外貨預金にかかる費用について

円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(払戻時)は、為替手数料(1通貨単位当たり最大片道1円、往復2円)がかかります。為替手数料は当社所定の為替換算レートに含みます。

外貨送金を伴うお預入れ・払戻しには、別途、当社所定の外国送金手数料等がかかることがあります。

その他重要なお知らせ

外貨預金は、預金保険制度ならびに投資者保護基金の対象ではありません。

外貨預金に関して、外貨建て現金、外貨建て小切手、外貨建てトラベラーズ・チェックによるお預入れ・払戻しはできません。

外貨定期預金を中途解約する場合、お預入日または前回継続日から中途解約日までの利息は、当社所定の中途解約利率で計算します。

ご契約の際は、最新の契約締結前交付書面(商品説明書)を事前にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認の上、お客さまご自身でご判断ください。

外貨預金にはクーリング・オフ制度は適用されません。

本資料は三井住友信託銀行が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。

三井住友信託銀行株式会社

外貨定期預金(愛称:外貨革命)について

  • 外貨革命は1,000通貨単位(例:米ドルの場合1,000米ドル)からのお取り扱いになります。
  • 金利環境等の変化を踏まえ金利を変更することがあります。実際にお預け入れされる日の金利と異なる場合がございますので、お預け入れの際は最新の金利をご確認ください。
  • 事前にお預け入れを希望される通貨の外貨普通預金口座の開設が必要です。
  • 自動継続された場合は継続日の外貨革命の店頭表示金利が適用されます。満期支払の場合は、外貨普通預金口座にお支払いいたします。最新の店頭表示金利はこちら
  • 自動継続をご選択された方で、満期のお取り扱いの変更を希望される場合は別途お手続きが必要になります。
  • 詳しい商品内容については、店頭またはホームページに設置している商品説明書PDFをご確認ください。

外貨定期預金 金利優遇プランについて

  • 本プランの適用に際してエントリーは不要です。
  • 円普通預金からお預け入れいただいたご資金のみが優遇金利の対象となります。
  • 税引後の金利は、小数点第4位以下切り捨てにて表示しています。
  • 上記金利の適用は、当初お預入期間のみとなります。
  • インターネットバンキングでは自動継続するかお預け入れ時に選択いただけます。自動継続後は継続時点の店頭表示金利が適用されます。最新の店頭表示金利はこちら
  • テレフォンバンキングでのお手続きは対象外です。
  • 「インターネットバンキング限定!為替手数料半額キャンペーン」以外の他の金利サービスや金利上乗せとの併用はできません。
  • 本プランにつきましては、お客さまへ事前に告知することなく、外貨定期預金の適用金利をはじめとする各種適用条件の変更や取り扱いを中止する場合がございます。
  • 「インターネットバンキング限定!為替手数料半額キャンペーン」を含む、当社規定の為替手数料でお預け入れされる場合に本優遇金利を適用いたします。

インターネットバンキングでの外貨預金(米ドル)のお取引について

  • インターネットバンキングでの円貨普通預金から外貨普通預金へのお預け入れは、1取引につき、1千米ドル以上20万米ドル以下となります。
  • インターネットバンキングにおける外国為替取引(通貨の交換)を伴うお取引は、銀行営業日の午後2時以降翌銀行営業日の午前8時までの間は、お預け入れ、払い戻し、合算のお取引回数の上限を5回とさせていただきます。
  • インターネットバンキングにおける為替手数料は、通常1通貨単位あたり米ドルで20銭(片道)かかります。
  • 外国為替取引(通貨の交換)はリアルタイム為替レートです。当該手続きの可能時間は、月曜日8:00~土曜日5:30です。ただし、火曜日~金曜日6:50~7:05(ニューヨーク基準のサマータイム期間は、5:50~6:05)を除きます。
  • インターネットバンキングによるお取引の場合、銀行営業日の午後2時以降翌銀行営業日の午前8時までの間に受付けたお取引の預入日・払戻日は当該翌銀行営業日となりますので、お取引の内容は、当該翌銀行営業日までこの預金の残高には反映されません。

75歳以上のお客さまへ

75歳以上のお客さまへの外貨預金のご案内にあたりましては、十分ご理解いただいたうえで安心してお手続きいただけるよう、お子さまなどのご家族さまにご同席またはお電話等によるご説明をさせていただき、ご家族さまとご相談のうえお手続きいただくことをお願いしております。

ページ最上部へ戻る