SDGsセミナー 財産を社会のために役立てたい「想いと相続」特別セミナー

近年、財産の一部を社会のために役立てたいという方が増えています。遺言を用いた寄付の場面では、寄付先から感謝の声が寄せられるとともに、のこされたご家族が特別な想いを受け継ぐこともあります。本セミナーでは、日本における社会貢献活動の全体像を知るとともに、より確実で、安心いただける遺言による寄付の仕方などを事例を交えお伝えします。

2019年11月27日(水)11:00〜12:45 三井住友信託銀行本社ビル5階

インターネット予約

※上記バナーをクリック後に表示されるセミナー選択画面にて「テーマを選ぶ」で「SDGsセミナー」をお選びください。

セミナー内容

分かり易くお伝えします

第一部

社会貢献団体の現状と今後の展望

NPOの組織基盤強化をプロボノで支援する

嵯峨 生馬さん
認定NPO法人 サービスグラント 代表理事
講師 嵯峨 生馬さん
シンクタンクの研究員を経て、2005年より現職。仕事の経験を活かした社会貢献活動「プロボノ」を通じて、800以上のNPO等を支援。
認定NPO法人 サービスグラント
「プロボノ」に関心を持つ企業人等を募集し、NPO等の課題解決を支援するプロジェクトを運営しています。支援内容は、ウェブサイトやパンフレットの制作、事業計画の立案など多岐にわたります。近年、「プロボノ」は新たなボランティアの形として注目が高まりつつあります。
認定NPO法人 サービスグラント

トークセッション

「だれかの困りごとに向き合う」という生き方

難病のお子さんと家族を支える

植田 洋子さん
ゲスト
認定NPO法人 ファミリーハウス 理事・事務局長
植田 洋子さん
企業勤務のかたわら上智大学カウンセリング研究所にてカウンセリングを学ぶ。1998年、ファミリーハウスの相談事業活動に参画。2005年5月より現職。
認定NPO法人 ファミリーハウス
難病を患う子どもが自宅から離れた病院に入院する際、親や家族が滞在できる施設「ファミリーハウス」を約30年前に創設。小児がんなど長期の闘病を強いられる患者の家族らの精神的・経済的負担の軽減を目指しています。近年は、子どもが家族と一緒に滞在できる施設の運営などを進めています。
認定NPO法人 ファミリーハウス

認知症をテーマに集いの場をひらく

竹内 弘道さん
ゲスト
NPO法人 Dカフェまちづくりネットワーク 代表理事
竹内 弘道さん
メーカー、マーケティング事務所などを経て40歳で独立。1980年代より母親の認知症と並走し、2011年、家で98歳の母親を見送る。2014年、NPO「Dカフェまちづくりネットワーク」を設立し現在に至る。
NPO法人 Dカフェまちづくりネットワーク
Dカフェとは、認知症(Dimentia)のことを話し合う場として、介護の経験者たちが運営する「認知症カフェ」です。認知症の人とそのご家族、さらに、医療や介護の現場で働く人や、ひろく認知症に関心を持つだれもが参加できる場として、目黒区内に多拠点展開をしています。(2019年4月現在10ヵ所)
NPO法人 Dカフェまちづくりネットワーク

ご希望があれば、後日、ゲスト団体の視察も可能です。

第二部

遺言による寄付のメリット・留意点と具体的事例

稲熊 里志
三井住友信託銀行日本橋営業部
フェロー主管財務コンサルタント
講師 稲熊 里志
植木 敏晴
三井住友信託銀行日本橋営業部
フェロー主管財務コンサルタント
講師 植木 敏晴

本セミナーは、特定の団体の寄付金募集を目的としたものではなく、社会貢献活動と遺言による財産の継承に関する情報提供をさせていただくものです。

SDGsとは、2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」で採択された、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。SDGsは、2030年に向けて達成を目指す17の目標によって構成されており、本セミナーは、「3 すべての人に健康と福祉を」「17 パートナーシップで目標を達成しよう」に関する取り組みとして実施いたします。

インターネット予約

ページトップへ戻る