お問い合わせ

第6回大賞作品(敬称略)

第6回大賞作品一覧に戻る

「あ」じゃなく「お」 小松 愛子(神奈川県 58歳)

 息子が幼稚園年長だったある時、突然「ママ、『あ』じゃなく『お』、『あ』って言わないで、『お』って言って」と、言い出しました。「何言ってるの」と訊いても、「だから『あ』じゃなくて、『お』なの。」と繰り返すだけでした。これは息子からの心のメッセージだったのです。  当時フルタイムの仕事をしていて、気持ちも時間も余裕のない新米ママだった私は、マイペースな息子に対し、「あっ、またー」「あっ、もう。」という言葉ばかり口にしていたのでした。「あ」の後は否定的な言葉が続きますが、「お」の後は、「おーすばらしい」「おー頑張ったね」など、相手を認め賞賛する言葉が来ます。息子のメッセージに反省させられ、「『あ』じゃなく『お』」は私のおまじないになりました。  自分の家庭を持つようになった息子が幼かった頃に授けてくれた、大切な「わたし遺産」です。

たった一音の違いで:穂村 弘(歌人)

取材写真

 「あ」じゃなく「お」とは、なんとすごい発見なんだろう。幼稚園の年長さんと云えば生まれてまだ数年、言葉だって覚えたてだろう。それなのに、ママよりも先にちゃんと気づいていたのだ。「あ」の後には嫌な言葉が「お」の後には嬉しい言葉がやってくる、と。たった一音の違いですべてが変わってしまう。そのデリケートさと怖さを大人の方が教えられる。だからこそ、作者の小松さんはその言葉を息子さんが御自身の家庭を持った今も大切にしているのだろう。
 「先日、息子に電話して聞いてみたんです。『覚えてる?』って」と小松さんは云った。

取材写真

 「ちょっと無理でしょう。幼稚園じゃ」
 「それが覚えてたんです。『歯磨きのチェックのために、あーんと開けた口の中を覗かれてる時とか、「あ」って云われるんじゃないかってどきどきしたなあ』って」
 なるほど。「あ」の後には「虫歯!」が来るんだろう。口を開けてる本人にはなんにも見えないから、いっそうショックが大きいに違いない。ちゃんと覚えてるんだなあ。
 「ところで、お母さんと息子さんのそんなやり取りをお父さんはご存じでしたか」
 「いえ、ぜんぜん。今回の応募作を読んで初めて知ったみたいです。『僕にも「あ」じゃなく「お」って云って』って……」と小松さんは笑顔になった。

※受賞者の年齢等は応募時点のものです。

第6回大賞作品一覧に戻る

ページトップへ戻る