個人のお客さまあてメールマガジンの電子署名について

「三井住友信託銀行」を名乗る電子メールにご注意ください

当社名を名乗り、当社以外の不審なウェブサイトに誘導する電子メールが届いた場合には絶対にメールに記載されたURLにアクセスせず、削除いただきますようお願いいたします。

【不審な電子メールの事例】

  • 当社ウェブサイトのURLが記載されているが、不審なウェブサイトに遷移する
    (記載のURLが正しい場合でも、クリックしないようご注意ください)
  • 当社ウェブサイト以外の不審なウェブサイトのURLが記載されている
  • 不審なウェブサイトに誘導するため口座・アカウント等の更新を促す内容が含まれている

万一、このような不審なメールから誘導される不審なウェブサイトに遷移した場合には、口座番号、ダイレクト会員番号、パスワード等を絶対に入力しないようお願い申し上げます。

メールマガジンへの電子署名について

当社ではメールマガジン配信時に電子署名のDKIMを付加して配信します。メールを受信したサーバー側で電子署名を確認(検証)することにより、メールマガジンが異なった(詐称された)メールドメインから配信されていないことを確認する仕組みです。

※インターネットバンキングでのお取引時に送信される、お取引確認等の電子メールは対象外となります。

電子署名の確認方法(Microsoft Outlook 2010の場合)

(1) 電子署名付きメールを受信すると、次のように表示されます。

受信した電子署名付きメール

(2) クイックアクセスツールバー「タグ」の右下の四角いボタンをクリックしてください。

クイックアクセスツールバー「タグ」の右下の四角いボタンをクリック

(3) 「インターネット ヘッダー」欄にヘッダー情報が表示されます。

「インターネット ヘッダー」欄

(4) 上記ヘッダー情報内に「dkim=pass」(赤部分)の文字列があれば、DKIMによる認証は確認でき、配信されたメールマガジンは、詐称などされた別ドメインからではないことが確認できます。(「spf=pass」(青部分)の文字列があれば、SPFによる認証もされています)

上記ヘッダー情報内の表示

ページトップへ戻る