わたし遺産とは?

「わたし遺産」は、一人ひとりの心にある、
その人ならではの大切な
「人・モノ・コト」について、
その理由やエピソードを400文字の文章にし、
未来に伝えのこしていく企画です。
人とのふれあいもままならない今の状況ですが、
こんな時だからこそ、
あなたにとっての「わたし遺産」を
文章にのこしてみませんか?
ご応募お待ちしております。

「わたし遺産」紹介動画

応募例

忘れられない思い出をのこす「あの人」のことを。
「あなただけの記念品」として心にのこる品物を。
何気ない日常の中の発見など、
「あなたの人生を彩った経験」を。
皆さんの素敵なお話をお聞かせください。

  • 近所の商店街と私(第8回作品)
    近所の商店街と私(第8回作品)
    東京都 31歳 女性

    突然の緊急事態宣言。淡々と時間は過ぎていくけれど、どこか物足りない。そんな私の心を動かしたのは、身近な商店街での触れ合いだった。
    作品内容を見る >

    もっと見る
  • モノ
    カセット・テープ(第7回作品)
    カセット・テープ(第7回作品)
    海外 65歳 女性

    もう30年も前のこと。イギリスに嫁ぐ私に、父が渡してくれた一本のカセットテープ。それはいまでも、父との思い出が詰まった大切な存在だ。
    作品内容を見る >

    もっと見る
  • コト
    孫に捧げる歌(第7回作品)
    孫に捧げる歌(第7回作品)
    大阪府 60歳 男性

    娘の結婚相手のお父さんと、お互いの趣味のギターで孫への思いを綴った曲を作り、お宮参りの時に披露。先日、何気なく聞いた娘の鼻歌は、この曲だった。作品内容を見る >

    もっと見る

過去の受賞作品

選定委員

  • 栗田 亘
    コラムニスト
    栗田 亘くりた わたる

    朝日新聞社会部記者を経て論説委員となり、2001年3月まで6年近く、朝刊の『天声人語』を執筆。朝日新聞読書委員、早稲田大学大学院客員教授などを経て現在、日本エッセイスト・クラブ常務理事、『朝日川柳』選者(選者名・西木空人)。著書に『漢文を学ぶ(全6冊)』『ポケット川柳』(ともに童話屋刊)など多数。

    もっと見る
  • 穂村 弘
    歌人
    穂村 弘ほむら ひろし

    1990年に歌集『シンジケート』でデビュー。研ぎ澄まされた言語感覚で創作・評論ともに活躍。『短歌の友⼈』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、『鳥肌が』で 第33回講談社エッセイ賞受賞。最新歌集『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞を受賞。

    もっと見る
  • 大平 一枝
    ライター
    大平 一枝おおだいら かずえ

    編集プロダクションを経て1994年、ライターとして独立。著書に『男と女の台所』『あの人の宝物』『紙さまの話』『届かなかった手紙』他多数。連載に『東京の台所2』(朝日新聞デジタル&w)、『そこに定食屋があるかぎり。』(ケイクス)、『あ、それ忘れてました(汗)』(北欧、暮らしの道具店)など。

    もっと見る