トップメッセ―ジ

皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルスによる感染症の拡大は、社会生活が機能不全に陥ると、経済に計り知れないダメージを与えることを明らかにしました。「持続可能な社会の実現」という命題は、もはや単なるスローガンなどではなく、今を生きる我々の一人一人が目の前に突き付けられた「未来への責任」であるといえます。

そうしたなか、本中期経営計画では、我が国の金融や社会が抱える課題に真正面から取り組み、「経済的価値創出と社会的価値創出を両立」することを中心テーマとして掲げ、経営モデルの変革に取り組んでいるところです。

一方、足許では、経済や社会構造の変化が加速し、お客さまも新たな課題に直面しています。個人のお客さまにとっては、人生100年時代への備え、法人のお客さまにとっては、ESGへの取組など、お客さまのニーズはますます多様化しており、信託機能を活用して総合的な解決策を提供できる当社への期待は、一段と高まっていると実感しております。

長年にわたり培ってきた信託の力を活かした当社ならではのソリューションに磨きをかけ、様々な社会課題の解決に取り組むことで、お客さまや社会とともに持続的・安定的に成長していきたいと考えております。

これからも、皆さまにとってかけがえのない、ベストパートナーで在り続けてまいる所存です。引き続き温かいご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

2021年4月

取締役社長 大山 一也
ページ最上部へ戻る