ポジティブ・インパクト・ファイナンスのスキーム

ポジティブ・インパクト・ファイナンスは、企業活動が環境・社会・経済に及ぼすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響)を包括的に分析・評価し、当該活動の継続的な支援を目的とした融資です。企業の活動、製品、サービスによるSDGs達成への貢献度合いを評価指標として活用し、開示情報に基づきモニタリングを行うことが最大の特徴です。

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」のフレームワーク

ポジティブ・インパクト・ファイナンスのフレームワークについて

対象企業が特定する重要課題(マテリアリティ)、ガバナンス、リスクマネジメントの有効性等の
確認を基礎として、事業計画、指標・目標に関する公開情報からインパクト評価を実施。

マテリアリティとは:価値創造プロセスに基づく価値創造機能に重要な影響を及ぼす非財務領域の重要課題

ポジティブ・インパクト・ファイナンスの特徴について

ポジティブ・インパクト・ファイナンス弊社評価方法

UNEP FI(国連環境計画金融イニシアティブ)が公表したインパクトレーダーについて

UNEP FIが開示しているインパクトレーダーに基づき、業種別・個社別にインパクトが発現する項目を特定します。

  1. (1)評価手順
    • 1.
      企業が開示する「統合報告書」「ESGレポート」「中期経営計画」「その他IR資料」、Web情報等を分析。
    • 2.
      企業のセグメント、事業エリア、バリューチェーン(サプライチェーン)の内容を包括的に確認。
    • 3.
      インパクト・レーダーをベースにした弊社の評価基準に基づき分析。必要に応じてインタビューを実施。
    • 4.
      インパクトカテゴリー、インパクト(ポジティブ/ネガティブ)の内容を明確化し、ポジティブ・インパクトを特定。
    • 5.
      上記3のポジティブ・インパクト、KPIの内容、持続可能な開発目標に対する対応方針の設定状況や取組みを評価。
  2. (2)第三者機関からのレビュー
    • 1.
      上記(1)にて弊社が行う評価の透明性を担保するために、外部の第三者機関を活用。
    • 2.
      第三者機関からのレビューに際し、第三者機関によるインタビューを実施。
    • 3.
      第三者機関は、上記(1)の評価が「ポジティブ・インパクト金融原則に即した手続きを実施していること」及び「評価の内容」に対する意見(レビュー)を行う。
    • 4.
      弊社の評価、第三者レビューを貴社に開示。
  3. (3)モニタリング手順
    • 1.
      ポジティブ・インパクト金融原則に則り、上記(1)4の状況を継続的にモニタリングする必要あり。
    • 2.
      企業は、融資期間に亘り「統合報告書」「ESGレポート」「中期経営計画」「その他IR資料」等、上記(1)4の状況が分かる資料を継続的に開示(当該モニタリングの為の新たなレポートの作成は基本的に不要)。

ポジティブ・インパクト・ファイナンス

ページ最上部へ戻る