ポジティブ・インパクト・ファイナンス

ポジティブ・インパクト・ファイナンス(PIF)

三井住友信託銀行は、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)が提唱するポジティブ・インパクト金融原則に基づき、2019年3月に世界初のポジティブ・インパクト・ファイナンス(PIF)を取り組みました。

PIFは、企業活動が経済・社会・環境にもたらすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響)を包括的に分析・評価し、ネガティブインパクトの緩和とポジティブインパクトの拡大について目標を設定のうえ、その実現に向けた継続的なエンゲージメントを重視したファイナンスの取組です。PIFの商品コンセプトなどが評価され、2020年2月、環境省第1回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の融資部門で金賞を受賞しました。

2019年3月の第1号以来、2021年3月末時点で計17件の実績がございます。

大久保前社長と小泉環境大臣

ポジティブ・インパクト金融原則について

ポジティブ・インパクト金融原則は、以下の4つの原則から構成されており、SDGs達成に向けた取り組みに対するポジティブ・インパクト投融資を推進することを目的の一つとしています。

原則1(定義)

ポジティブ・インパクトとは持続可能な開発の3つの側面(経済、社会、環境)のいずれかにおいて潜在的なマイナスの影響が適切に特定、緩和され、なおかつ少なくともそれらの一つの面でプラスの貢献をもたらすこと。

原則2(フレームワーク)

銀行や投資家は、投融資先のポジティブ・インパクトを特定しモニターするための十分なプロセス、方法、ツールが必要である。

原則3(透明性)

銀行や投資家は透明性の確保と情報開示が求められる。

  • 投融資先が意図したポジティブ・インパクトについて(原則1)
  • 適格性を判断し、影響をモニターし検証するために確立されたプロセスについて(原則2)
  • 投融資先が達成したインパクトについて(原則4)
原則4(評価)

銀行や投資家が提供するポジティブ・インパクト金融は、意図するインパクトの実現度合いによって評価されなければならない。

ポジティブ・インパクト・ファイナンスの取組実績(企業一覧)

2019年

不二製油グループ本社株式会社
J.フロント リテイリング株式会社

2020年

ページ最上部へ戻る