各種お手続き

相続に関するご質問

相続に関するご質問

相続の手続きをする際の必要書類と相続届への署名・捺印はどうすればよいですか。

弊社宛てご提出いただく必要書類および弊社所定の相続届にご署名・ご捺印いただく方は、遺言書や遺産分割協議書の有無等により異なります。以下の(1)〜(4)をご選択いただき必要書類等のご確認をお願いいたします。(1)〜(4)に該当しない場合には、お取引店までお問合せください。なお、(1)〜(4)に該当する場合でも、相続内容や亡くなられた方のお取引内容によっては、ご相続人さまにご提出いただく必要書類等が以下と異なる場合もございます。詳しくは、お取引店までお問合せください。

「遺言書」ありますか?

(1)遺言書・遺産分割協議書がない場合

<必要書類>

  • 亡くなられた方の16歳から亡くなられた時までの連続した戸籍謄本
    原本をご用意ください。なお、「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、戸籍謄本の弊社あてのご提出は原則不要です。詳細は、法務省のホームページをご参照ください。

    「法務省 法定相続情報証明制度」

    「法務省 法務局・地方法務局所在地一覧」

  • 印鑑登録証明書
    法定相続人さま全員の発行後6カ月以内の印鑑登録証明書原本をご用意ください。
  • 通帳・証書
    亡くなられた方ご名義の通帳・証書をご用意ください。
    なお、相続財産の名義変更をご希望される法定相続人さまがお取引いただいている場合は、法定相続人さまご名義の通帳もご用意ください。

<相続届へのご署名・ご捺印>

すべての法定相続人さまのご署名・ご捺印(実印)が必要となります。

(2)遺言書がなく、遺産分割協議書がある場合

<必要書類>

  • 遺産分割協議書
    法定相続人さま全員のご署名・ご捺印がある原本をご用意ください。
  • 亡くなられた方の16歳から亡くなられた時までの連続した戸籍謄本
    原本をご用意ください。なお、「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、戸籍謄本の弊社あてのご提出は原則不要です。詳細は、法務省のホームページをご参照ください。

    「法務省 法定相続情報証明制度」

    「法務省 法務局・地方法務局所在地一覧」

  • 印鑑登録証明書
    法定相続人さま全員分の発行後6カ月以内の印鑑登録証明書原本をご用意ください。
  • 通帳・証書
    亡くなられた方ご名義の通帳・証書をご用意ください。
    なお、相続財産の名義変更をご希望される承継人さまがお取引いただいている場合は、承継人さまご名義の通帳もご用意ください。

<相続届へのご署名・ご捺印>

弊社の預金等を承継される法定相続人さまのご署名・ご捺印(実印)が必要となります。
なお、遺産分割協議書の内容によっては、すべての法定相続人さまのご署名・ご捺印(実印)が必要となります。

(3)遺言書があり、遺言執行者さまがいない場合

<必要書類>

  • 公正証書遺言(正本または謄本)または自筆証書遺言
  • 亡くなられた方の除籍謄本または戸籍謄本(亡くなられたことが確認できるもの)
    原本をご用意ください。なお、「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、除籍謄本または戸籍謄本の弊社あてのご提出は原則不要です。詳細は、法務省のホームページをご参照ください。

    「法務省 法定相続情報証明制度」

    「法務省 法務局・地方法務局所在地一覧」

  • 家庭裁判所検認調書(自筆証書遺言の場合のみ)
  • 印鑑登録証明書
    遺言書に記載されているご相続人さま、または受遺者さまの発行後6カ月以内の印鑑登録証明書原本をご用意ください。
  • 通帳・証書
    亡くなられた方ご名義の通帳・証書をご用意ください。
    なお、相続財産の名義変更をご希望される受遺者さまがお取引いただいている場合は、受遺者さまご名義の通帳もご用意ください。

<相続届へのご署名・ご捺印>

弊社の預金等を受け取られる受遺者さまのご署名・ご捺印(実印)が必要となります。

(4)遺言書があり、遺言執行者さまがいる場合

<必要書類>

  • 公正証書遺言(正本または謄本)または自筆証書遺言
  • 亡くなられた方の除籍謄本または戸籍謄本(亡くなられたことが確認できるもの)
    原本をご用意ください。なお、「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、除籍謄本または戸籍謄本の弊社あてのご提出は原則不要です。詳細は、法務省のホームページをご参照ください。

    「法務省 法定相続情報証明制度」

    「法務省 法務局・地方法務局所在地一覧」

  • 家庭裁判所検認調書(自筆証書遺言の場合のみ)
  • 遺言執行者選任審判書(遺言書で遺言執行者さまが選任されていない場合のみ)
  • 印鑑登録証明書
    遺言執行者さまの発行後6カ月以内の印鑑登録証明書原本をご用意ください。
  • 通帳・証書
    亡くなられた方ご名義の通帳・証書をご用意ください。
    なお、相続財産の名義変更をご希望される承継人さまがお取引いただいている場合は、承継人さまご名義の通帳もご用意ください。

<相続届へのご署名・ご捺印>

遺言執行者さまのご署名・ご捺印(実印)が必要となります。

  • ◆必要書類は原本をご提出ください。
  • ◆ご相続人さま名義で新たにお取引いただく場合は、申込書類提出時に運転免許書等の本人確認書類をご提示ください。

ご提出いただく戸籍謄本について

亡くなられた方の16歳から亡くなられた時までの連続した戸籍謄本のご提出をお願いしております。以下の戸籍謄本等の作成事例をご参考いただき、各市区町村でお取り寄せください(各市区町村で所定の発行手数料がかかります)。

<参考:出生から死亡までの連続した戸籍謄本の一例>

出生から死亡までの連続した戸籍謄本の一例

相続については、こちらもご参照ください。

三井住友信託銀行の遺産整理業務については、こちらをご参照ください。

この回答はお役に立ちましたか?

ページトップへ戻る