生命保険タイプの特長

生命保険契約を活用することで、比較的少ない金額で、万が一の身の回りのことや相続・寄付の準備ができます。

  • 生命保険には、商品の特性に応じた元本変動リスクや費用のご負担があります。
    詳しくは、「生命保険についてのご注意事項」および商品の「契約締結前交付書面(契約概要注意喚起情報)」をご覧ください。
  • 金銭信託は、元本補てん契約に基づき元本を保証します。

おひとりさま信託 4つのポイント

  • 身の回りのことに対するご希望を記録する「未来の縁-ing(エンディング)ノート」を電子媒体で管理。お客さまの想いを実現します。スマートフォン・PCから、何度も書き換えが可能です。

  • ご契約期間中、SMSでお客さまの安否確認を行います。送信頻度を選べて、操作もかんたん。万が一のときに備えることができます。

    携帯端末へのショートメッセージ

  • 死後事務の履行を依頼できる一般社団法人をご紹介し、お葬式や埋葬のお手配、クレジットカード・公共サービスなどの解約、公的年金などの届出事務などの死後事務を行います。

  • ご契約期間を通じ、死後事務の費用や寄付の資金には元本補てん契約が付された金銭信託でお預かりします(元本保証商品)。死後事務履行後の信託財産(残余財産)は、あらかじめご指定いただいた帰属権利者さまにお支払いします。

商品概要

お申し込みいただける方

個人のお客さま(当社が募集する生命保険(対象商品に限ります)の契約者兼被保険者である国内居住の方に限ります。)

お申込金額
  • 1

    金銭信託
    50万円以上(1円単位)

  • 2

    死亡保険金債権信託
    死亡保険金額が250万円以上(複数の生命保険契約を合算できます。)

追加信託

5千円以上(1円単位)

信託の仕組み
  • お客さま(委託者)から当社に死亡保険金債権を信託いただく(死亡保険金債権信託)とともに、特約付合同運用指定金銭信託(以下、金銭信託)を同時に設定いただきます。
  • お客さまの相続が発生した際に、当社が死亡保険金を請求、受領し、死亡保険金を金銭信託の信託財産に追加したうえで、あらかじめ指定された死後事務委任契約に関わる費用を精算のうえ、残余財産を帰属権利者にお支払いします。

帰属権利者は、お客さまの推定相続人、当社が提携する寄付先法人の中から、お一人または一法人をご指定いただきます。

信託期間
  • 1

    金銭信託
    お客さまがお亡くなりになった時、そのほか特約に定める事由に該当することとなった日まで。

  • 2

    死亡保険金債権信託
    当社が死亡保険金の全額を受領するまで。

受益者
  • 1

    金銭信託
    受益者は委託者とします。

  • 2

    死亡保険金債権信託
    受益者は金銭信託の帰属権利者とします。なお、委託者が死亡したときに受益権は効力を生じるものとし、それまでの間は受益者としての権利を有しません。

信託報酬
  • 1

    設定時信託報酬
    新規設定時に33,000円(税込)を信託財産からお支払いいただきます。

  • 2

    追加設定時信託報酬
    追加設定時に信託報酬はいただきません。

  • 3

    運用報酬(金銭信託)
    毎年3、9月の25日に運用報酬をいただきます。運用報酬額は、金銭信託の運用収益から信託元本と予定配当率に基づき計算し、収益金総額などを差し引いた金額とします。

  • 4

    死亡保険金債権信託に関わる報酬
    死亡保険金受領時に対象となる保険契約が複数の場合、2契約目以降、1契約あたり55,000円(税込)をお支払いいただきます。(ご契約が1契約の場合はお支払い不要です。)

  • 5

    終了時信託報酬
    信託終了時に以下(ア)と(イ)の合計額を信託財産からお支払いいただきます。

    • (ア)
      110,000円(税込)
    • (イ)
      契約期間(年数、1年未満切捨て)×6,600円(税込)
    • 上記に生命保険契約に関わる費用、一般社団法人安心サポートが行う死後事務に関わる費用および同法人に対する報酬は含まれません。
本信託に付帯するサービス
  • 1

    「おひとりさま信託 未来の縁-ingノート」の管理

    • 本商品のお申し込みに際して、相続発生時の身の回りのこと(死後事務)に関するご希望を届け出いただいた「おひとりさま信託 未来の縁-ingノート」(以下、「未来の縁-ingノート」といいます)を信託終了時まで当社が電子媒体で管理いたします。
    • 「未来の縁-ingノート」の死後事務目録は、お客さまの相続が発生した際に、一般社団法人安心サポートがお客さまと締結する死後事務委任契約に基づいて行う死後事務の目録(リスト)として利用します。
    • 「未来の縁-ingノート」を作成いただけない場合は、本信託をお申し込みいただくことができません。
  • 2

    SMS安否確認

    • お客さまの安否確認などのため、SMS(ショートメッセージサービス)を利用して、お客さまに届け出いただいた携帯電話番号に「安否確認メール」を送信します。
    • 本信託のお申込時に「安否確認メール」の送信頻度をお選びいただけます。メールの頻度は、「週1回」「月1回」「年2回」「年1回」の中からご選択いただきます。
一般社団法人安心サポートのご紹介

当社は、お客さまが死後事務に関わる相談を行うことを目的として、お客さまのご依頼に基づき、一般社団法人安心サポートを紹介します。

そのほか参考事項

死亡保険金債権信託について

  • 外貨建ての生命保険契約の場合、死亡保険金額は当社所定の為替レートによる円換算後の金額により判定します。
  • 生命保険契約は、お客さまを保険契約者および被保険者とする契約で、信託契約に基づき、三井住友信託銀行を死亡保険金受取人に指定いただきます。
  • 信託財産は、被保険者の死亡を原因として支払われる保険契約に基づく死亡保険金などに限ります。保険金が円以外の通貨で支払われる生命保険契約、死亡保険金が一括で支払われない生命保険契約などは対象になりません。

生命保険契約について

  • 預金と異なり元本および利回りの保証はありません。また、預金保険制度ならびに投資者保護基金の対象ではありません。
  • 外貨建ての生命保険は、為替相場の変動による影響を受けるため、死亡保険金額の円換算後の金額が払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
  • 相続発生時に契約時の為替相場よりも円高となっていた場合や死亡保険金が支払われない場合など、「おひとりさま信託 未来の縁-ingノート」の死後事務目録全てが実行されない場合があります。

詳しくは、当社本支店またはパンフレットにてご確認ください。

ご留意いただきたい事項

信託金額について

  • おひとりさま信託は、お客さまのご希望を届け出いただいた「未来の縁-ingノート」や、お客さまと一般社団法人安心サポートとの間で締結される死後事務委任契約に基づき、信託金額をお決めいただく必要があります。
  • ご相続人の関係に照らして極端な財産配分となっている場合、信託金額についてご相談させていただく場合があります。
  • 一部解約にあたっては、「未来の縁-ingノート」の内容と信託金額との兼ね合いについてご相談させていただきます。

お客さまにご負担いただく費用について

  • 上記の信託報酬には、一般社団法人安心サポートへの報酬および死後事務委任契約に関わる費用は含みません。

そのほか

  • ご契約にあたって、相続発生時の円滑な手続きを行うことを目的として、任意後見制度やご自宅の警備サービスのご利用をご依頼させていただく場合があります。この場合、各種契約において発生する諸費用はお客さまのご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 三井住友信託銀行は、「未来の縁-ingノート」の作成や死後事務委任契約の成立に関与または尽力するものではありません。
    また、内容の正確さを保証したり、その実現性を示唆したりするものではありません。

窓口でのご相談・お申し込み

土・日・祝日や17:00以降も営業

お近くの店舗を探せます

資料請求

手続書類や資料をご郵送します

ページ最上部へ戻る