外貨普通預金なら出し入れが自由です。
さらに、インターネットと組み合わせることでリアルタイムのお取引が可能でタイミングを逃しません。

窓口でのご相談・お申し込み

土・日・祝日や17:00以降も営業

お近くの店舗を探せます

Webでお取引

インターネットでのお手続き

特徴

満期がなくいつでも出し入れできるため、タイミングよく外貨で運用できます。

  • ポイント1
    選べる通貨

    5つの外国通貨から選べます。

  • ポイント2
    インターネットならお好きな時間に利用できるリアルタイム為替レート

    インターネットを通じて、原則として24時間、刻々と変化するリアルタイム為替レート新規ウィンドウで開くにて外貨普通預金のお取引が可能です。

    システムメンテナンスの時間等を除きます。詳細はこちらをご覧ください。

  • ポイント3
    納得の為替手数料

    当社の「外貨普通預金」は、納得の為替手数料を実現しています。

    適用金利、為替手数料などのお取引条件は通貨ごとに異なりますので、最新の条件を窓口またはインターネットのお取引画面でご確認ください。

三井住友信託銀行の為替レート・金利・手数料はこちら

商品情報

通貨
米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、英ポンド
預入期間
預入期間の定めはありません。
預入金額
  • 1.
    店頭・お電話によるお取引は
    1通貨単位(例:米ドルの場合は1米ドル)以上となります。
  • 2.
    インターネットによるお取引は
    1,000通貨単位(例:米ドルの場合は1,000米ドル)以上となります。
    1取引につき20万通貨単位が上限となります。
利率

金融情勢に応じて変動し、適用利率は通貨毎に店頭またはHPに表示します。

為替手数料

お預け入れ、払い戻しには外貨の1通貨単位毎に、為替手数料がかかります。

為替手数料はお取扱窓口または通貨の種類によって異なります。

お利息の計算方法
付利単位は1補助通貨単位。1年を365日とする日割計算を行い、毎年2月と8月に利息決算を行います。
課税区分
利息

利子所得として20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税金がかかります(源泉分離課税)。マル優の適用は受けられません。

為替差益

雑所得として確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で、為替差益を含めた給与所得と退職所得以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。為替差損は黒字の雑所得から控除できます。

商品説明書(契約締結前交付書面)

閲覧・電子交付

電子交付についての事前同意登録(テレフォンバンキングのお客さま用)

外貨預金お手続きの際は、最新の商品説明書(以下、契約締結前交付書面)をお手元にご用意いただく必要があります。下記の【確認事項】をご確認ください。

【確認事項】

契約締結前交付書面交付の方法

当社ウェブサイトに記録された契約締結前交付書面のファイルを、インターネットを通じてお客さまに閲覧いただき、お客さまのパソコン等に契約締結前交付書面ファイルを記録(ダウンロード)していただく方法(銀行法施行規則第14条の11の8第1項第1号(ロ)規定による方法)により、契約締結前交付書面の電子交付を行います。

契約締結前交付書面のファイルへの記録方式

契約締結前交付書面はPDF形式となっております。

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要となります。「Adobe Reader」をインストールされていない場合や、インストールされている「Adobe Reader」で正しく表示されない場合はこちらから最新のバージョンをダウンロードのうえ、ご利用ください。

商品説明書の電子交付についてご承諾いただける方は「はい」をクリックしてください。

関連商品・関連サービス

  • ガン・介護保障もついて安心

    「外貨定期預金(愛称:外貨革命)」に300万円以上お預け入れされたお客さまにガン・介護保障をご提供します。

  • ご自宅にお届け

    お客さまの外貨普通預金口座よりお引き出しした外貨現金を、ご登録の住所にお届けします。

  • 手数料がお得!

    外貨預金は、インターネットがおトクで便利です。

窓口でのご相談・お申し込み

土・日・祝日や17:00以降も営業

お近くの店舗を探せます

Webでお取引

インターネットでのお手続き

外貨普通預金のお預け入れ・払い戻しの制限

インターネットで行う外国為替取引(通貨の交換)を伴う振替によるこの預金のお預け入れの取引と、お電話あるいは店頭で行う外国為替取引(通貨の交換)を伴う振替によるこの預金の払い戻しの取引を、同一銀行営業日に同一通貨で行うことはできません。また、インターネットで行う外国為替取引(通貨の交換)を伴う振替によるこの預金の払い戻しの取引と、お電話あるいは店頭で行う外国為替取引(通貨の交換)を伴う振替によるこの預金のお預け入れの取引を、同一銀行営業日に同一通貨で行うことはできません。

ページ最上部へ戻る