インターネット取引のメリットって?

  1. メリット1
    手数料がおトク!

    店頭・お電話でのお取引に比べ、手数料がおトクです。

    為替手数料一覧〔1通貨単位(米ドルの場合1米ドル)当たり片道 ※()内は往復〕

    米ドル ユーロ 豪ドル ニュージーランドドル 英ポンド
    インターネット

    20銭

    (往復40銭)

    20銭

    (往復40銭)

    40銭

    (往復80銭)

    40銭

    (往復80銭)

    40銭

    (往復80銭)
    店頭

    50銭

    (往復1円)

    75銭

    (往復1.5円)

    1円

    (往復2円)

    1円

    (往復2円)

    1円

    (往復2円)

    (2016年10月1日現在)

  2. メリット2
    取引は、リアルタイム為替レートで!

    為替相場は刻々と変動します。インターネットなら、相場を見ながら、リアルタイム為替レートでのお取引が可能!チャンスを逃さず取引したい方におすすめです。

    さらに便利に!為替お知らせメールサービス(登録無料)

    お客さまが設定したレートにリアルタイム為替レートが達した際に、メールでお知らせするサービスです。

    こんな方にオススメ!
    • 為替レートが一定水準に達したら、タイミングを逃さず、取引したい
    • 為替レートが大きく変動したら取引しようと思って、いつもそのまま忘れてしまう。

    情報提供を目的としており、いわゆる「指値注文」ではありません。

お手続き方法

三井住友信託ダイレクトに
お申し込みでないお客さま

三井住友信託ダイレクトを
書面でお申し込み済みの方

初めての方も安心!

  • 便利ツール
  • はじめての外貨預金

「外貨預金の魅力とは?」
「外貨預金の取引のタイミングは?」
などの疑問について、簡単に、わかりやすくご説明いたします。

お問い合わせ

外貨預金等、資産運用のご相談は以下の専用ダイヤルまで

0120-911-299

受付時間:平日 9:00~17:00、土曜 9:00~17:00

(日・祝日および12/31~1/3はご利用いただけません)

ご契約内容のご照会、各種お手続きは当ダイヤルでは承っておりません。
お手数ですがお取引店までお問い合わせください。

操作のご不明点は以下まで

三井住友信託ダイレクトヘルプデスク

0120-983-381

平日 9:00~20:00  土・日・祝日 9:00~17:00

自動音声ガイダンスが流れた後に、ご希望のサービスメニューの番号を押してください。
なお、ガイダンス途中でのご入力も可能です。

番号はこちら

日曜日、祝日、12/31~1/3は自動音声ガイダンスは流れず、オペレーターに直接つながります。

ご注意
  • (1)
    12/31~1/3の受付時間は9:00~17:00です。
  • (2)
    日曜・祝日・12/31~1/3 は操作方法のご案内を承ります。
    利用停止解除(ロック解除)や電話認証の登録・変更などの手続き、ご契約内容の照会はできません。

外貨預金についてのご注意事項

外貨預金におけるリスクについて

  • 外貨預金は外国為替相場の変動により為替差損が生じ、受取時の円貨額がお預入れ時の払込円貨額を下回り、元本割れする可能性があります。
  • 為替変動がない場合でも、往復の為替手数料をご負担いただくため、受取時の円貨額がお預入れ時の払込円貨額を下回り、元本割れする可能性があります。

外貨預金にかかる費用について

  • 円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(払戻時)は、為替手数料(1通貨単位当たり最大片道1円、往復2円)がかかります。為替手数料は当社所定の為替換算レートに含みます。
  • 外貨送金を伴うお預入れ・払戻しには、別途、当社所定の外国送金手数料等がかかることがあります。

その他重要なお知らせ

  • 外貨預金は、預金保険制度ならびに投資者保護基金の対象ではありません。
  • 外貨預金に関して、外貨建て現金、外貨建て小切手、外貨建てトラベラーズ・チェックによるお預入れ・払戻しはできません。
  • 外貨定期預金を中途解約する場合、お預入日または前回継続日から中途解約日までの利息は、当社所定の中途解約利率で計算します。
  • ご契約の際は、最新の契約締結前交付書面(商品説明書)を事前にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認の上、お客さまご自身でご判断ください。
  • 外貨預金にはクーリング・オフ制度は適用されません。
  • 本資料は三井住友信託銀行が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。

三井住友信託銀行株式会社

ページ最上部へ戻る