安心して未来を充実させるために
万が一の時のために今から準備できることがあります

土・日・祝日や17:00以降も営業

お近くの店舗を探せます

GOOD DESIGN AWARD 2021年度受賞 「おひとりさま信託」が2021年度グッドデザイン賞を受賞しました!

おひとりさま信託とは

お葬式だけじゃない。おひとりさまの終活はこんなに大変!

万が一のことがあった場合、葬儀の実施はもちろん、役所への行政手続き、病院代などの支払い、公的年金などの届出事務など、さまざまな事務手続き(死後事務)が発生します。
おひとりさまの場合、これら全てを事前に準備する必要があるのです。

おひとりさま信託はこんな方におすすめです

おひとりさま信託とは、万が一のときの身の回りのこと(死後事務)をトータルでサポートするサービス。
信託いただいたご資金で死後事務にかかる費用を精算し、残りのご資金は、指定の受取人にお支払いするなど、計画的にエンディングを迎えたい方にぴったりです。

おひとりさま信託 4つのポイント

  • 身の回りのことに対するご希望を記録する「未来の縁-ing(エンディング)ノート」を電子媒体で管理。お客さまの想いを実現します。スマートフォン・PCから、何度も書き換えが可能です。

  • ご契約期間中、SMSでお客さまの安否確認を行います。送信頻度を選べて、操作もかんたん。万が一のときに備えることができます。

    携帯端末へのショートメッセージ

  • 死後事務の履行を依頼できる一般社団法人をご紹介し、お葬式や埋葬のお手配、クレジットカード・公共サービスなどの解約、公的年金などの届出事務などの死後事務を行います。

  • ご契約期間を通じ、死後事務の費用や寄付の資金には元本補てん契約が付された金銭信託でお預かりします(元本保証商品)。死後事務履行後の信託財産(残余財産)は、あらかじめご指定いただいた帰属権利者さまにお支払いします。

個別にいろいろ相談したい、現在心配なことばかり。
そんな方はぜひご来店ください

土・日・祝日や17:00以降も営業

お近くの店舗を探せます

おひとりさま信託は2つのタイプからお選びいただけます

  • 終活に関する費用を一括でお任せ

    金銭信託タイプ

    元本保証の金銭信託により、万が一の身の回りのことや、相続・寄付の準備できます。最低預入金額300万円からお申し込みが可能です。

  • 少額から終活資金の準備ができる

    生命保険タイプ

    生命保険契約を活用することで、比較的少ない金額で、万が一の身の回りのことや相続・寄付の準備ができます。

タイプの比較表

金銭信託タイプ 生命保険タイプ
主なお申し込みの条件など

一般社団法人安心サポートとの死後事務委任契約の締結が必要です。そのほか、引受条件についてはお問い合わせください。

左記に加えて、当社が募集する生命保険をご契約いただく必要があります。(年齢の上限や、保険会社による審査がございます。)

ご注意いただきたい事項

信託設定時および信託終了時に信託報酬をお支払いいただきます。

生命保険は、為替変動などの影響により、死亡保険金や解約返戻金の円換算後の金額が払込保険料を下回ることがあります。
信託設定時および信託終了時に信託報酬をお支払いいただきます。

主な費用(税込)

以下の金額を信託財産からお支払いただきます。

  • 設定時信託報酬:33,000円
  • 終了時信託報酬:110,000円+6,600円×契約年数(1年未満は切り捨て)

左記の費用に加えて、死亡保険金受取時に保険契約が複数あった場合、2契約目以降55,000円が加算されます。
上記のほかに保険契約に関わる費用が必要です。
詳しくは「おひとりさま信託〈生命保険型〉」をご覧ください。

  • 上記は各商品の特徴を抜粋したものであり、お申し込みにあたっては、商品説明書および重要事項説明をよくお読みください。「おひとりさま信託」および「おひとりさま信託〈生命保険型〉」は店頭にパンフレットをご用意しております。また、資料請求ページからご請求も可能です。
  • 上記の費用には、一般社団法人安心サポートとご契約いただく死後事務委任契約に関する費用および同社団法人への報酬は含まれておりません。

窓口でのご相談・お申し込み

土・日・祝日や17:00以降も営業

お近くの店舗を探せます

資料請求

手続書類や資料をご郵送します

ご注意事項

  • 生命保険には、商品の特性に応じた元本変動リスクや費用のご負担があります。 詳しくは生命保険についてのご注意事項および商品の「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」をご確認ください。
  • 金銭信託タイプの「おひとりさま信託」もございます。
  • 金銭信託タイプと生命保険タイプの違いは、こちらをご確認ください。
ページ最上部へ戻る